Joey Calvan was born on October 31, 1967 in the USA as Leslie Jo Calvan. The format of Sesame Street consists of a combination of commercial television production elements and techniques which have evolved to reflect the changes in American culture and the audience's viewing habits. [115], —Author Malcolm Gladwell, The Tipping Point[116], Although the producers decided against depending upon a single host for Sesame Street, instead casting a group of ethnically diverse actors,[117] they realized that a children's television program needed to have, as Lesser put it, "a variety of distinctive and reliable personalities",[118] both human and Muppet. I got a picture of him in her arms now, 歌詞に登場するケサンの戦いは、北ベトナム軍との戦いであり、歌詞で聞かれるようにベトコンではない。最終的にアメリカ軍はケサンの包囲を壊したが、たったの2ヶ月後には前哨基地から撤退した。このことでケサンは、ベトナム戦争における無益の象徴のひとつになった。, 1984年8月下旬、アルバム『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』はよく売れていて、アルバムの曲は全米のラジオで流れ、関連するツアーも成功していた。ワシントンD.C.郊外のキャピタル・センターでのスプリングスティーンのコンサートにはメディアの注目がさらに集まり、特にCBSイブニングニュースのバーナード・ゴールドバーグ通信員は、スプリングスティーンを現代のホレイショ・アルジャーの立身出世の物語として見た。さらに注目すべきは、保守的な人気コラムニストのジョージ・ウィルがコンサートを見た後の1984年9月13日に、古き良きアメリカの価値の見本としてスプリングスティーンを称賛した「ヤンキー・ドゥードゥル・スプリングスティーン」と題したコラムを発行したことだった。「私はスプリングスティーンの政治については、たとえあったとしても見当もつかないが、しかし彼が厳しい時代についての歌を唄う間、旗は彼のコンサートではためいていた。彼は不平をこぼす男ではなく、閉鎖された工場と他の問題の朗唱は、いつでも『ボーン・イン・ザ・U.S.A.(アメリカで生まれた)!』という壮大で、快活な表現によって句読点を打たれたように見える」と彼は書いた[1]。, 1984年の大統領選挙のキャンペーンが当時真っ盛りで、ウィルはロナルド・レーガン大統領の再選を狙う団体と繋がりがあった。ウィルは、スプリングスティーンがレーガンを支持するかもしれないと考え、高いレベルのレーガンのアドバイザー、マイケル・ディーヴァーの事務所にその考えを押し上げた。事務所のスタッフたちは、丁重に拒絶されたスプリングスティーンのマネージメント事務所に問い合わせをした。, それでもなお、1984年9月19日、遊説先のニュージャージー州ハモントンで、レーガンは次のようなお決まりの街頭演説を加えたのだった。, 「アメリカの未来は、依然としてあなた方の心の中のたくさんの夢として残っています。それはたくさんの若者が称賛する歌の中に希望のメッセージとしてあります。ニュージャージーの誇るブルース・スプリングスティーンです。そして、あなた方のそれらの夢の実現を助けることは、私のこの仕事に関するすべてなのです」。, 選挙報道はすぐさま、レーガンがスプリングスティーンの何を知っているのかという疑念を表現し、彼のお気に入りのスプリングスティーンの曲は何かと質問した。それは「ボーン・トゥ・ラン」であると、スタッフは渋々対応した。ジョニー・カーソンは『トゥナイト・ショー』の番組の中で「もし君がそれを信じてるなら、(レーガンの対立候補の)モンデールとフェラーノの就任舞踏会のチケットを君に譲るよ」と冗談を言った。, 9月22日のピッツバーグでのコンサートの間、スプリングスティーンは、失業した自動車工場の労働者が人を殺してしまうという内容の彼の曲「ジョニ−99」を紹介することで否定的な反応を見せた。「大統領は先日俺の名前を挙げてたけど、俺はちょっと彼の好きなアルバムがなんだったのか考えたんだ。『ネブラスカ』ではないと思う。彼はそれを聞いてるとは思わないよ」。, その数日後、大統領の挑戦者のウォルター・モンデールは、「ブルース・スプリングスティーンは走るために生まれた(born to run)かもしれないが昨日生まれたんじゃない」と言って、自身がスプリングスティーンに支持されて来たことを主張した。スプリングスティーンのマネージャーのジョン・ランドウは、これら一切の支持を否定し、モンデール陣営は修正を発表した。, 「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」は1984年後半にビルボードHot100シングルチャートで9位に到達した。アルバム『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』からリリースした7曲のトップ10シングルの3番目であった。さらにビルボードRock Tracksチャートのトップ10に入り、AORのラジオ局での安定したプレイを示していた。同曲はイギリスでもヒットし、UKシングルチャートの5位にランクした。, 1984年の大統領選挙を超えて、「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」はその苦い歌詞ではなく国粋的なコーラス部分を聞いた者によって純粋な愛国主義の歌として広く誤解されたと言われている。, スプリングスティーンは、「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」をクライスラーの車のCMに使用したいというクライスラー社CEOのリー・アイアコッカの要求を拒否した。それは数百万ドルの価値に匹敵する申し出であった。同社は代わりに、ケニー・ロジャースとニッキ・ライダーの曲「ザ・プライド・イズ・バック」を使用した。, 「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」のミュージック・ビデオは著名な映像作家ジョン・セイルズが手がけた。スタジオ録音の音楽があまり同期してない、スプリングスティーンとEストリート・バンドのビデオコンサートの場面で構成された。1984年12月中頃にリリースされ、コンサートからの音をミックスする十分な時間がなかったと推定される。, この映像には1980年代中頃の説得力のあるアメリカの労働階級が織り込まれ、歌といくつか関連するイメージを強調した。ベトナム帰還兵、アメラジアンの子供たち、工場の組み立てライン、精油工場、墓地などが登場し、最後は星条旗の前でポーズを取った白髪まじりのスプリングスティーンで終わる。, 1985年1月10日、アーサー・ベイカーによる「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」の12インチ「Freedom Mix」がリリースされた。それはベイカーが同アルバムの前のシングル「ダンシング・イン・ザ・ダーク」や「カヴァー・ミー」で行った以上に相当過激なリミックスであった。リミックスはあらゆる(恐らく誤解されやすい)国粋的な要素を取り除き、歌の悲しく沈んでいる要素を前面に押し出した。シンセサイザー、鉄琴、そしてドラムスは細かく切り刻まれ、「Oh my God, no」と「U.S.A.—U.S.—U.S.—U.S.A.」と歌うスプリングスティーンのボーカルの断片と隔離させた。, しかしリミックスは、ベイカーの試みの中でも最も低いセールスとなり、前の2作のようには売れずにビルボードのHot Dance Music/Club Playチャートには登場できなかった。, スプリングスティーンの1984年から1985年の「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」ツアーでは、同曲はほとんどつねにコンサートのオープニングで劇的に、聴衆を興奮させるやり方で演奏された。このようなバージョンのひとつはアルバム『Live/1975–85』に収められている。, 1988年の「トンネル・オブ・ラブ・エクスプレス」ツアーでは、「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」は通常、最初のセットのトリで演奏された。1992年から1993年の「アザー・バンド」ツアーでは、2番目のセットの終わりに頻繁に登場した。これらはどちらもフルバンドの演奏によるバージョンで、後者の方は慣れ親しんだシンセサイザーのラインよりもギターのパートが強調された。, 1995年から1997年のソロのアコースティックによる「ゴースト・オブ・トム・ジョード」ツアーとそれに関連したプロモーション用のメディアでの登場が始まった時は、スプリングスティーンはもう一度「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」を根本から書き直し、オリジナルの『ネブラスカ』のともフルバンドの演奏とも異なる、アコースティックギターによるバージョンを演奏した。これはタイトルのフレーズが2回しか出てこない、とげとげしい怒りの表現であった。これは、トム・ジョードツアーの青白い雰囲気と、曲本来のそして唯一の目的を明らかにしようとするスプリングスティーンの試みの両方に関係していた。このショーで彼がこの曲を紹介する時、彼は曲が誤解されていることにいまだに納得しておらず、作曲者として彼は「これを最後にしたい」と言った。ファンの反応は二分され、新しいアレンジを絶賛する者と、曲の音楽的な皮肉さが失われたと考える者に分かれた。, 1999年から2000年の「リユニオン」ツアーでは、「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」はいつも演奏されるわけではなく、演奏される時には、今や12弦のスライドギターによる、とげとげしい感じのソロのアコースティックのバージョンであった。この時の演奏はDVDとCDの『Bruce Springsteen & the E Street Band: Live in New York City』に収録されている。2002年の「ザ・ライジング」ツアーと2004年の政治的な「ヴォート・フォー・チェンジ」ツアーまでに、フルバンドによる「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」はレギュラーで復活することはなく、それはアメリカ合衆国内でのライブで演奏され、海外の聴衆はまだアコースティックのバージョンしか聞けなかった。, しかし2005年のスプリングスティーンのソロによる、「デヴィル・アンド・ダスト」ツアーの終わりに向けて、最も興味深い「BORN IN THE U.S.A.」がやがて明らかにされた。エフェクターによって音が増幅されボーカルは歪められ、その演奏は不可解ではあるが耳には鋭く残った。, 人気のある歌であったために、「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」はブルーグラスのインストのコレクションから(児童が歌う)児童用の音楽のアルバムまで、幅広く登場した。ロンドン交響楽団でさえも「スプリングスティーン・クラシック」で演奏した[2]。, いくつかのユニークなカバーバージョンが存在している。ジャズベーシスト、スタンリー・クラークは1985年の『Find Out!』で録音した。オール・ミュージック・ガイドはこのバージョンを「白人のアリーナ・ロックの黒人によるパロディで、クラークのラップのスタイルでスプリングスティーンの苦い歌詞を打ち取った」と評している[3]。エリック・リグラーはバグパイプによる演奏で、2001年以降のさまざまなスプリングスティーンのトリビュート・アルバムに登場した[4]。スウェーデン系アルゼンチン人のシンガーソングライター、ホセ・ゴンザレスは、曲のタイトルのリフレインを歌わないソロのアコースティックのバージョンで演奏した。2006年の春には、シンガーソングライターのリチャード・シンデルがコンサートでこの曲をカバーし、ブズーキの独奏で演奏した。彼は次回のアルバムにこの曲を入れる計画を発表した[5] Find album reviews, stream songs, credits and award information for Born to Add - Sesame Street on AllMusic - 1995 [95] By 2019, the Sesame Workshop had over 500 licensing agreements and had produced over 200 hours of home video. These versions came to be called "co-productions". As a result, the CTW decided to depend upon licensing arrangements with toy companies and other manufacturers, publishing, and international sales for their funding. [37] The deal allowed Sesame Workshop to produce more episodes, about 35 new episodes per season, compared to the 18 episodes per season it aired previously, and provided the opportunity to create a spinoff series with the Sesame Street Muppets and a new educational series. Released in 1993. By its 50th anniversary in 2019, there were over 150 versions of Sesame Street, produced in 70 languages. Author Christopher Finch reported that Stone, who had worked with Henson previously, felt that if they could not bring him on board, they should "make do without puppets". Sesame Street is an American educational children's television series that combines live action, sketch comedy, animation and puppetry. Jon Stone was responsible for writing, casting, and format; Dave Connell took over animation; and Sam Gibbon served as the show's chief liaison between the production staff and the research team. [136] According to Morrow, despite the CTW Model's effectiveness in creating a popular show, commercial television "made only a limited effort to emulate CTW's methods", and did not use a curriculum or evaluate what children learned from them. This is a list of songs from Sesame Street.It includes songs written for or used on the TV series. Today in 1969, “Sesame Street”officially debuted on PBS. [27], According to the CTW's research, children preferred watching and listening to other children more than to puppets and adults, so they included children in many scenes. Actor | Sesame Street Martin P. Robinson was born on March 9, 1954 in Dearborn, Michigan, USA. I recently received this classic Sesame Street record from my aunt and uncle, and I decided to show it and give some background info. Davis reported that Cooney and Morrisett decided that if they did not procure full funding from the beginning, they would drop the idea of producing the show. [126], The show's ratings significantly decreased in the early 1990s, due to changes in children's viewing habits and in the television marketplace. See Gikow, p. 155, for a visual representation of the CTW model. Sesame Street was conceived in 1966 during discussions between television producer Joan Ganz Cooney and Carnegie Foundation vice president Lloyd Morrisett. [114] In early research, the Muppet segments of the show scored high, and more Muppets were added during the first few seasons. [62], The show's goals for outreach were addressed through a series of programs that first focused on promotion and then, after the first season, on the development of educational materials used in preschool settings. He agreed when the CTW promised that the profits from toys, books, computer games, and other products were to be used exclusively to fund the CTW and its outreach efforts. [134] Historian Robert Morrow, in his book Sesame Street and the Reform of Children's Television, which chronicled the show's influence on children's television and on the television industry as a whole, reported that many critics of commercial television saw Sesame Street as a "straightforward illustration for reform". [55] One of their primary goals was preparing young children for school, especially children from low-income families,[56] using modeling,[57] repetition,[58] and humor[52] to fulfill these goals. Fisch, Shalom M. and Lewis Bernstein, "Formative Research Revealed: Methodological and Process Issues in Formative Research", pp. [101] In order to attract the best composers and lyricists, the CTW allowed songwriters like Joe Raposo, Sesame Street's first musical director, to retain the rights to the songs they wrote, which earned them lucrative profits and helped the show sustain public interest. By season 20, research had shown that children were able to follow a story, and the street scenes, while still interspersed with other segments, became evolving storylines. Sesame Street international co-productions, Sesame Street research § Summative research, TV Guide's 50 Greatest TV Shows of All Time, List of accolades received by Sesame Street, "Sesame Street season 1 End Credits (1969-70)", "Sesame Street season 2 end credits (1970-71)", "Sesame Street season 5 end credits (1973-74)", "Sesame Street season 6 end credits (1974-75)", "Sesame Street season 12 end credits (1980-81)", "Sesame Street 1996 Closing Credits from Season 28 (mistaken as season 27 in the video)", "Elmo Writes a Story - Sesame Street Full Episode (credits start at 55:37)", "Sesame Street Season 40 Closing Credits", "Sesame Street Season 47 Episode 1 (credits start at 25:36)", "Sesame Street season 3 End Credits (1971-72)", "Sesame Street season 4 End Credits (1972-73)", "Sesame Street season 9 end credits (1977-78)", "Sesame Street season 10 end credits (1978-79)", "Sesame Street season 24 (#3010) closing & funding credits (1992) ["Dancing City" debut]", "Sesame Street - Season 25 End Credits (1993-1994)", "Sesame Street Season 34 credits & fundings (version #1)", "Elmo and Zoe Play the Healthy Food Game - Sesame Street Full Episodes (credits start at 52:50)", "Sesame Street #4922 Dinosaur in the Laundromat (credits start at 25:45)", "50 Years of Sunny Days on 'Sesame Street': Behind the Scenes of TV's Most Influential Show Ever", "Sesame Street Educates and Entertains Internationally", "Street Smart: How Big Bird & Company Do It", "Word on the 'Street': Classic children's show to undergo structural changes this season", "Guiding Light, Sesame Street to Be Honored at Daytime Emmys", "Big Bird Has 4,000 Feathers: 21 Fun Facts About Sesame Street That Will Blow Your Mind", "HBO Max locks down exclusive access to new Sesame Street episodes", "We're Getting a Half-Hour Version of Sesame Street", "Sesame Street, newly revamped for HBO, aims for toddlers of the Internet age", "Sesame Street launches tools to help children who experience trauma, from hurricanes to violence at home", "Where 'Sesame Street' Gets Its Funding — and How It Nearly Went Broke", "This Is Why HBO Really Wants Sesame Street", "How to Get to 'Sesame Street' at the Apollo Theater", "Sesame Street Goes Global: Let's All Count the Revenue", "Sesame Street Launches 50th Anniversary AR App", "Warner Music Group Sesame Workshop Team up to Relaunch Sesame Street Records", "Leaving the neighborhood: 'Sesame Street' muppets to travel across America next year", "Mississippi Agency Votes for a TV Ban On 'Sesame Street, "Carmen Osbahr, the talented puppeteer behind Sesame Street's "Rosita, "TV Guide Magazine's 60 Best Series of All Time", "Sesame Street tells veteran cast to hit the road", The Interviews: An Oral History of Television, Don't Eat the Pictures: Sesame Street at the Metropolitan Museum of Art, Count it Higher: Great Music Videos from Sesame Street, Put Down the Duckie: A Sesame Street Special, Sesame Street... 20 Years & Still Counting, Sing, Hoot & Howl with the Sesame Street Animals.